バレエや、絵や、コンサート等に足を運び、想像力を湧き立たせることは感性が磨かれ、ピアノの演奏にもとっても良い影響を与えますね☆

 

よく、レッスンの中でも、音楽的な演奏に仕上げる為に『ここの登場人物はどんなキャラクターだろう?』と考えますね。

 

【誰かに問いかけるような気持ちで弾けるかな?

次に出てくるところではその問いかけに答えてあげるように意識して(*^^)

 

音符が全部セリフのように (*^^)

ここの音が低い部分は、男の人?お父さんかな?

キラキラした音はお星様?コンペイトウかな?

 

この曲の色はどんな色だろう?

森の中かな? 暗いかな? 夜なのかな?朝かな?

少し霧が掛かったような感じかな?

 

何か動物は出てくる?】

 

etc...

 

しっかりと自分の演奏の中にキャラクターや物語が浮かんでくることは

上手なピアノ演奏をする為にとても重要なことです。

 

楽譜の中には、なんとなくある音や、意味のない音というのは一つもないのです。

休符も音楽の流れが休符によって止まることはありません。

 

【音楽の流れ】【歌うこと】

よく、レッスンの中で出てくる言葉ですが

喜び、悲しみ、怒り、悔しさ、淋しさ、優しさ、温かさ、美しさ、

 

等の様々な感情を自分自身の心でよく感じ取ることが出来る感性、

それらを表現する力がとても大切です。

 

ここではそれらの感性を磨く為に、私自身のお気に入りの動画や、お勧めの曲、生徒さんに是非見て頂きたい動画を載せていきます★

 

ピアノだけではなく、バレエやオーケストラを知ることで

音楽って楽しい!自由に歌ってみたいな!

こんな風に表現したいな!かっこいいな♪ 

 

等、そんな風な夢が沢山詰まっているディズニー映画や洋画のワンシーンなんかも載せていきますので  動画を見た生徒さんは是非、色々な楽器の音や歌声によーく耳を澄まして聴いてみて下さい♪

 

ヴィラ・ロボス 野生の詩  

第一回目のモルゲンシュテルンでご一緒させて頂き

同じクリニックのピアニストさんでもある幸恵さんの演奏です。

 

ラストは衝撃的で圧倒されますが、この凄まじい迫力の中にも

様々な色彩が感じられる、素晴らしいスケールの大きな演奏で

タイトルの通りの野生の生き様に終始魅せられます。是非お聴き下さい☆

ヘゲドゥシュエンドレ先生 ハンガリー狂詩曲第15番 ラコッツィー行進曲

バレエ 【コッペリア】

くるみ割り人形 花のワルツ

白鳥の湖

フィギュアスケート 安藤美姫選手 ブラックスワン

ハンガリ―狂詩曲 トムとジェリー

オペラ座の怪人 ワンシーン

ハイスクールミュージカル 

パイプオルガンの音色

チェンバロの音色

ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 【革命】 指揮 佐渡裕

2010 ショパン国際ピアノコンクール 實川風

實川さんは幼い頃にピィティナの全国大会でお会いして

お友達になった方。当時はお互い小学生でした。長い間お会いしていなくて

数年前に電話でお話しましたが、こんなに立派なピアニストになられていました。

これからのご活躍も遠くから応援しています★

Jasmin Arakawa 

私の幼い頃からの大先輩であり私がピアノを始めてからずっと憧れの存在だった方です。今はアメリカのインディアナ大学をご卒業され、ピアニストとしてアメリカ在住で現地で大変ご活躍されています。

私にとっては今も昔も憧れの方です。